乳酸菌サプリはどうして誕生したのでしょうか?もちろんニーズがあったからです

乳酸菌サプリが生まれたわけ

乳酸菌は、もともとヨーグルトに含まれていたもので、私たちはヨーグルトや乳酸菌飲料から、乳酸菌を体に取り込んでいました。

しかし、実際には、私たちの体の中には、もともと腸内細菌というものが存在しています。その種類はかなりの数だと言われていますが、この細菌を善玉菌、悪玉菌の2つに大きく分けることができます。

名前の通り、善玉菌は、体にとって良い働きをする細菌であり、悪玉菌は体に良くない細菌とされています。善玉菌が悪玉菌の数を上回ると健康であり、悪玉菌が上回ると、健康が害されることになります。

乳酸菌はこのうちの善玉菌に属するわけですが、善玉菌を増やすためには、体外から乳酸菌を増やす必要があるのです。

乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料で取り込むことができるのですが、ヨーグルトを一日に大量に摂取することは、むしろカロリーが高くなりすぎて、肥満につながることもありますし、そうそう続けることもできないでしょう。また、乳酸飲料も、毎日飲み続けることは、なかなか難しいと思います。

そこで様々な会社が研究を重ねて生まれたのが、乳酸菌サプリなのです。サプリにすれば、一粒でヨーグルト10個分の乳酸菌が摂取できることや、カロリーを気にしなくても良いこと、また、手軽に継続しやすいこともあり、多くの人々の心をつかみました。

金額も低コストなことから、継続して服用することもでき、今では高い人気を誇っているのです。

乳酸菌の種類

乳酸菌と一言で言っても、その種類は実はかなりの数があります。

その数は200種類以上とも言われていますが、もちろん、その効用も様々です。有名なところでいえば、シロタ株という乳酸菌があります。これは、乳酸菌飲料のヤクルトに含まれているので、ヤクルト菌とも呼ばれています。

ほかの乳酸菌よりも胃液などに強く、死滅せずに腸内に届き、腸内フローラを整えるとされています。プラズマ乳酸菌と呼ばれるものは、小岩井乳業とキリンが研究の際に発見した乳酸菌です。

免疫力を高める乳酸菌として有名となり、病気やインフルエンザなどの弱った体に大きな効果を上げていると言われています。

このほかにも、カルピスが発見したL−92乳酸菌や、ラブレ菌という植物性の乳酸菌もあります。

このように、乳酸菌に関しては、様々な企業が独自に研究を進めており、健康志向に目を向けた企業努力が競われているのです。食品企業だけでなく、小林製薬など、製薬会社にとっても、大きな注目を集めており、乳酸菌の体への関わりは大きな話題となっています。

その理由として、何よりも副作用がない安全なサプリを作りやすいことがあるからでしょう。乳酸菌が健康な体に悪い影響を与えることがないため、安心して取り入れられるというメリットがあります。また、人間の体の中の善玉菌を増やすのに欠かせない細菌として、いかにその効能を落とすことなく、体内に送り込むことができるのかが最大の焦点となっているのです。

私たちに必要な乳酸菌サプリとは

世の中には、乳製品のアレルギーがある人も多数いますよね。そのような人たちが、乳酸菌を体内に入れたいとしたら、なかなか難しいのかもしれません。そんな時、乳酸菌サプリがあれば、抵抗なく乳酸菌を摂取することができますね。

乳酸菌サプリを服用したことで、アトピー体質が改善されたという人もいました。もちろん、人によって、体質があり、腸内フローラの状態も違いますので、その人その人にあった乳酸菌摂取の方法があると思います。

乳酸菌サプリは、数多くの種類があり、そのどれもにそれぞれの効能がありますから、まずはサプリの中の乳酸菌の種類を確かめ、その効能も知った上で服用することがベストでしょう。

しかし、ここで重要なことは、サプリはあくまでも薬ではないので、飲んですぐに効果が出るものではありません。しばらくの間、継続して初めてその効果が出るものですが、乳酸菌サプリの場合、比較的に他のサプリよりも効果の出方が速いとも聞きます。

乳酸菌は、私たちの体に、決して悪い影響を及ぼさないので、乳酸菌サプリも副作用がなく、安心して摂取することができます。

乳酸菌サプリは様々な種類がありますが、ダイエット効果を期待する人、病気のために免疫力をつけたい人など、それぞれの用途によって、選ぶことが良いと思います。その際には、ネットなどで数多くある乳酸菌サプリの内容を確かめて、その上で購入してみると良いですね。